Runtastic Road Bike

ブルベに自転車ナビが欲しいなと思っていたのですが、どれもかなり高額です。

で、スマホでなんとか代用出来ないかと探していました。

条件は
・パソコンで細かくルートが作成できること
・ルートラボなどのデータをそのまま使えること
・サイコン代わりの機能があること
・バッテリーの消耗が少ないこと
・できればルート案内機能もあるといい
で探していたのですが、なかなかいいアプリがみつかりません。

で、困ったときのイトウサイクルさんに相談したところ、「Runtastic Road Bike」を紹介してもらいました。

ナビ機能は無いものの、とても高機能です。

早速、無料版で試してみて、直ぐに有料版を購入しました。
image

無料が当たり前のアプリでは、500円?!と思いますが、サイコンや自転車ナビを買うことを思えば比較にならないですよね。

で、福井のブルベ地図をルートラボから入れてみました。

手順は、思ったより簡単ですし、すんなり入りました。

まず、スマホアプリをダウンロードしてユーザー登録をして、ID、パスワードを設定します。

ルートラボからルートをダウンロードして、デスクトップ等に保存しておきます。
この時にTCX形式でダウンロードした方がエラーが少ないとどっかのサイトで読んだので、素直にTCXを選択してデスクトップに保存。
image

パソコンで、Runtasticのサイトにアクセスして登録したID、パスワードでログインします。
image

ここでGOLD会員登録の画面が出てきますが、私には今のところ必要はないですし、高いので無視して右上のユーザー名をクリックしてマイページへ入ります。

ルートメニューから「ルート作成」→「ファイルをインポート」で、先ほどルートラボからパソコンにダウンロードしたファイルを選択します。
imageimage
サイトにルートが入ります。
ブルべで利用する場合は、CP区間ごとにルートを作成し直してダウンロードした方がいいようです。
image

スマホアプリを開いて、「ルート」の「作成済み」にルートが表示されるので、使うルートを選択します。
表示されない時は、画面を下フリックしてみるか、一度アプリからログアウトしてみると表示されると思います。
140311Runtstic001140311Runtstic003140311Runtstic002

この状態でも使えますが、常にネット上の地図データを更新しながら走ると、パッテリーの消耗が早いで、使う地図の部分をスマホにダウンロードします。

スマホ画面右上の下向き矢印をタップすると、右下に「地図のダウンロード」ボタンが現れます。
ダウンロードしたい部分を表示させて「地図のダウンロード」をタップすればよいのですが、ここでなるべく小さな範囲ごとにダウンロードした方がダウンロード時間が短くて済みますし、オフラインで細かい部分も見られます。
imageimage

これで、スマホに地図データが入っているはずです。
機内モードとかでネットに繋がらない状態にして、地図を拡大したり操作が出来るか確認してみてください。

ルート案内をしてくれる訳ではないので、ルートと現在位置確認が主になると思いますがネットがつながらなくても地図が表示されるのは、山間地を多く走るブルべにとっては強い味方かもしれません。

先日は、途中でトラブルに見舞われましたので、また使ってみてたら使用感をアップします。

使用センサーについてはこちらの記事をどうぞ


1 Trackback / Pingback

  1. パノバイクブルートゥースハートレートセンサー、スピード・ケイデンスセンサー、Pnaracer RaceA Evo2取り付け2 | 天佑Run

Leave a Reply

Your email address will not be published.