2016BRM熱田神宮400(406.8km 2,048m)

     

コース紹介

熱田神宮をスタートして、神奈川の逗子までのルートです。

2015年は、豊橋スタートの伊良子岬経由でしたが、熱田神宮から真っ直ぐに逗子へ変更されました。
スタートしてR247は、信号で始終止められます。K248へ入ると少し走りやすくなってきます。
浜名湖からのルートは、前回とほぼ同じですが宇津ノ谷峠の大正トンネルが工事中で明治トンネルを利用しているのと、真鶴から渋滞を避けてR135を使わずにK740で山側を通っています。

AJ神奈川のコース説明をお借りしています。
「2016年は、名古屋スタート、逗子ゴールとします。
伊良湖崎回りを外すことにより、より一直線にゴールに向かう片道コースがはっきりします。人に説明するときにも、簡単です!
また、厳寒の季節を避け、やや暖かい時期にしました。もう西からの季節風は無くなって、追い風は期待できないかも。
焼津から静岡市へは、宇津ノ谷峠経由です。
宇津ノ谷峠の「大正トンネル」(県道)が工事のため7月まで全面通行止めとなりました。
そのため、少し上の「明治トンネル」を通ります。
ここは車は通さないハイキングコースみたいな所ですが、自転車は通れます。トンネル自体は歴史を感じさせる風情のある小さなものです。#47明治トンネル分岐を右折、次の分岐は車止めがあるほうへ直進。
約600メートルの区間ですが、ためらう人は後続の人を待って、一緒に通過してください。
寒さは身体を消耗させ、眠気を誘います。暖かい場所で、早めの休憩を取ってください。
終盤の真鶴道路は、殆どの人が昼間の走行となり、新道は渋滞も予想されるので、旧道を通過していただきます。車は殆どいない快適な道路です。」



参考ページ

AJ神奈川

     

関連記事

記事へ

     

距離

406.8km

     

累積獲得標高

2,048m

     

コースマップ