2015BRM505福井600(605.5km 5,097m)

     

コース紹介

福井駅をスタートして、鳥取砂丘から若桜街道で中国山地を越えて姫路から枚方までのルートです。 若狭湾、丹後半島から鳥取砂丘まで景色のいいルートですが、海岸線なのでそれなりのアップダウンが続きます。 天の橋立は、砂洲部分を走れます。未舗装で観光客もいっぱいなのでゆっくりしか走れません。 山陽側に出てからは、景色も楽しめませんし池田からは車が多いので淡々と距離を稼ぐ感じになってしまいます。 オダックス近畿のコース説明をお借りします。 「3日目福井でフィニッシュしたあと、4日目早朝スタートとなる赤の最終章 ひたすら400kmに渡って海岸を走り続けますが、その道も平坦路から細かな溺れ谷へと連なり やがてランドヌールを切り裂く鈍い刃へと変わるでしょう。 越前、若狭、丹波、但馬と日本海の海岸を進み鳥取砂丘を越えて南下を開始 戸倉峠を越えて播磨から摂津 三田、猪名川を経て枚方へ。近畿地方の北部・西部を探訪します。 陽は沈み、その赤も色を失ったとき、未だ折れぬ心を保ちうるか否かが問われます。」

参考ページ

オダックス近畿

     

関連記事

記事へ

     

距離

605.5km

     

累積獲得標高

5,097m

     

コースマップ