武平峠、鞍掛峠、石槫峠

     

コース紹介

武平、鞍掛、石槫の三峠を攻めるルートです。 鈴鹿スカイラインを志賀側へ下ってかもしか荘を通り過ぎると、平子峠でまた少し登ります。 日野でR477から市道へ右折して、ブルーメの丘、日野ゴルフ場の間を過ぎてK508へ行かずに左折をするとR421のセブンイレブンへ出ます。 R421と平行に市道で八風の湯手前まで遡って愛知川を渡るとR307の合流までは走りやすいです。 R307で湖東三山パーキングの横を通って、多賀大社前まで。この部分は、唯一大型が多い区間です。 多賀大社前を右折してR306に入ると、鞍掛峠まで真っ直ぐです。車は少ないのですが、採石場のダンプが時々通って砂が多くトンネル内の空気が悪いです。 峠は手前4.5kmで斜度が上がってつづら折れになります。トンネル前で折り返したら多賀大社まで行かずK34を左折します。ここからかなり狭くなっていきます。 犬上ダム辺りまで行くと、かなり寂しくなってきます。K229との合流地点を左折すると結構登ります。右に神社が見えると下りに入りますがかなり急な部分が有るので注意して下さい。 民家が出てくると、直ぐにR421に合流して愛知川沿いを走って石槫峠を登ったら4,158mの長い石槫トンネルです。私は、右側の狭~い歩道をトロトロ走りますが、本線を走る方は、センターラインにポールが立っていて大型は抜かせないので注意して下さい。避難出来る非常駐車帯は3カ所くらいあったと思います。 トンネル手前を左折して旧道を走ると、峠まで5.3km、標高差200mくらいです。下り初めのコンクリート舗装部分は急坂で荒れていますので気を付けてください。

参考ページ

     

関連記事

記事へ

     

距離

159.3km

     

累積獲得標高

2,538m

     

コースマップ