奈良押熊(水口、宇治田原経由)(122.5km 1,676m)

     

コース紹介

スカイラインを越えて、奈良市押熊のゆららの湯までのルートです。 宇治田原経由 (128.4km 1,680m) スカイラインを下って日野町役場過ぎた松尾北交差点でR307(近江グリーンロード)に入ります。ここから木津川を渡るまでR307を走りますが、水口でR1を横切るまで大型が多くてすごく走りにくいです。 信楽までの区間も路肩が少ないので、このルートよりも柘植回りのルートの方が距離は少し延びますがお奨めです。 和束、木津経由 (120.3km 1,524m) 甲賀から信楽へ抜けて、和束、木津経由で奈良へ抜けるルートです。 甲賀からK775、K50と寂しい区間を通ります。 木津駅からR163までが、車が多く道幅が狭い区間です。 和束、加茂経由(116km 1,200m) スカイラインが通れない冬季に関からR25を通って、和束、加茂と抜けるルートです。 3コースの中で、獲得標高も少なくて奈良に入ってからも一番走りやすいルートです。 加茂からならやま通りも通ってみましたが、アップダウンの連続で車も多く路肩も狭いので、超走りにくいです。

参考ページ

ゆららの湯 押熊店

     

関連記事

記事へ

     

距離

122.5km

     

累積獲得標高

1,676m

     

コースマップ