天理県道192 桜峠~四日市(122.6km 1,457m)

     

コース紹介

奈良市富雄から、天理の剣道(激坂)192を経由して、四日市までのルートです。 桜峠は、あちこちの有りますが名阪国道天理坂の脇にある峠です。天理の坂を車で走られたことのある方は多いと思いますが、K192はあの部分をほぼ直線で登っています。 奈良と郡山の市境の市道をK754まで東進します。この区間は、裏道っぽくて細い部分も有りますが、市街地を抜けるにはいいルートでした。 R169を横切って、山沿いを天理東インターまで進みます。起伏がありますが、道幅が広くてのんびりと走れます。 天理東ICを過ぎ民家が無くなるころから斜度が上がり、名阪国道のガードをくぐってコンクリート舗装になると激坂区間です。 道幅も車が来ると、降りて避けなければならない程になります。 距離は無いですが、とにかく激坂です。ここも、一人でいかないほうがいいです。 峠を過ぎると、少し下って平坦区間が続きます。R25を名阪国道(R25自動車専用道)と平行にアップダウンを繰り返しながら、伊賀盆地まで進みます。 名阪スポーツランドを過ぎると、基本下り基調になります。この伊賀盆地までは、車通りも少なくて走りやすい区間です。 上野市街から柘植までは、大和街道を中心に旧道部分を走ります。 柘植でR25へ戻り関までの区間は、関西線のガードをくぐって市境付近まで登ります。その後は、ダラダラと下り加太を過ぎると川沿いのきもちのいい区間です。 関からは、R306を使わず山沿いをアップダウンを繰り返しながら四日市まで戻ります。

参考ページ

     

関連記事

記事へ

     

距離

122.6km

     

累積獲得標高

1,457m

     

コースマップ