一休温泉京都本店

     

コース紹介

信楽から、R422で大津方面へ回って城陽市の一休温泉までのルートです。 スカイラインは冬季通行止めなので、R25で柘植へ抜けて伊賀の丸柱でR422と合流して、信楽でR307との供用区間から大津方面へ抜けます。ここまでは、ストレスなく走れるます。大津に出てルートラボのコーズから外れてK783を進んでしまったので大石中町からの道路の様子が分かりませんが、K783は登りで狭い部分が多い割に大型が通るので走りやすくはありません。 宇治田原でR307に戻るとゴールまでは直ぐですが、車が多くなります。また道幅が狭くなりますが下りなので車と一緒に走れます。 温泉手前の路肩は砂が多いので注意です。

参考ページ

     

関連記事

記事へ

     

距離

112km

     

累積獲得標高

1,234m

     

コースマップ