淀川試乗会

7月、最初で最後の更新です(^_^;)

封印中なのですが、丁度時間が合ったので22日土曜日にActionSportsさんのクロモリ試乗会へ行ってきました。
カザーティとトマジーニに乗るのが目的です。

本題前に少し。
先日からクロモリバイクを見にちょくちょくあちこちのバイク店を覗いていて感じたのですが、自転車好きと言っても、金属乗りの方って自転車そのものが好きな方が多いんですね。カンパのシルバーパーツで組んで見ながら酒を飲むとか、店に完成車で並べてもシマノで組むとなかなか売れないそうです。
見た目にはそれほど拘りはなくて、とにかく快適に長い距離を走れてメンテナンスもしやすいバイクを求める私とはちょっと嗜好が違うんですよね。

さて、試乗会です。
谷町線の太子橋今市を出て少し歩くと、淀川河川敷で淀川サイクリングロードがあります。
このまま遡ると、淀川~桂川沿いに京都の嵐山まで行けます。走ってみたいルートですね。
開始時間10時よりかなり早く着いたのですが、堤防から河川敷をみると既にテントが立っていて試乗車が並んでいます。
170722yodogawa012

神田社長直々に受付をしていただいて、まずはカザーティのCAMPIONISSIMO Pietroに試乗させてもらいます。
控え目ですが、ラグが綺麗です。サイズは51と少し小さ目でした。
170722yodogawa002170722yodogawa005

片道1km程のフラットな河川敷を走り出しますが、野球の練習などで子供がちょろちょろしているので気を付けないといけません。それでも、道幅は広いので周りを見ながらそこそこスピードが出せます。
コンポはカンパでしたが、慣れるとこっちの方が操作しやすいかな~。
カザーティは、やはり乗り心地いいです。わざとギャップを走りまくりましたが、程よく振動を吸収します。
スタンディングで加速してみましたが、NCRほどにしなる事はなく素直にす~っと加速していきます。ロングライドにはいい感じですが、期待過大だったせいか思わずニヤニヤしてしまうという程ではありませんでした。
170722yodogawa003

あまりにも暑いので、一応持って行った短パンに履き替えてLINEA ORO Gianniに乗換え。
今回、一番乗りたかったモデルです。これは、サイズがさらに小さくて48です。こんなに小さくて乗り味が分かるかなと思っていたのですが、漕ぎ出すと「おぉ!」って感じです。
ラグ組みではなくフィレット溶接で、フォークもカーボンなのでかなり軽快感があって気持ちよく加速していきます。乗り心地も硬いということも無く、CAMPIONISSIMOと同じようにギャップを走りまくりましたが、ホイールがカンパでしたがむしろこちらの方が乗り心地いいくらいに感じます。ユーラス履いてたので、ペガサスとの比較もし易かった。
やっぱり、これ欲しいです(^O^)
170722yodogawa007170722yodogawa013

Classicも乗ってみたかったのですが、今回は試乗できませんでした。カタログのイタリアンレッドが格好よかったので、直に見てみたかったのですが。
170722yodogawa017

暫くテントで、Calamitaにお乗りの方と神田さんに色々と話を聞かせていただいて、楽しい時間を過ごしました。

乗って来られたCalamitaの赤もシブくて綺麗です。神田社長にサインしてもらってました。
残念ながら、このカラーはコスト高で現行モデルに仕様は無くなったそうです。
Calamitaのカタログをいただきましたが、Sora仕様で9.3kgは軽いですね。なのに125,000円からはコスパ高いです。(ダブルレバー仕様だと、更に軽くて10万円で買えます)
どこかのサイトに、設計はカザーティと書いてあったのでお聞きしましたが、最初はカザーティと台湾で共同生産する予定だったそうですが、やはり製品は自分の手元で作りたいというカザーティの意向で、単独の独自ブランドになったということでした。なので、カザーティの設計と言うことではなく、一部エッセンスが残ってはいるけど、神田社長の設計バイクって事ですね。
170722yodogawa009170722yodogawa011
170722yodogawa014

最後に、トマジーニのSINTESIです。見た目もフレームが細身で、同じイタリアンクロモリバイクですが全く違う乗り味です。
先に乗った2台のカザーティと比べると、どちらかというとカッチリした乗り味です。振動が大きいという訳ではないのですが、タイヤからの情報がしっかり伝わってくる感じです。スラロームをしてみましたが、凄く安定感があります。神田さんのお話では、下りの安定感も抜群で速いということでした。もう少し長い距離を走ってみかった。
170722yodogawa015

今回、カザーティとトマジーニに試乗してみましたが、拘りをもって自社生産されていてそれぞれ特徴があって見ても乗っても楽しいバイクでした。
もっとロングライドをしてみると、印象が違ってくるのかもしれませんが、今回の中ではLINEA OROが一番乗っていて気持ちいいバイクでした。

LINEA ORO Gianniの日本在庫は白しかないので、赤で発注をすると3ケ月ほどかかるそうです。
ま、そう簡単には買えませんが(^_^;)

 

番外ですが、初栽培にしては立派なスイカができました。


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.