ミッシングリンク

チェーンの掃除にクルクル回す洗浄機を使っていたのですが、やはり外した方がサッパリするし、フレームなどの掃除もしやすいですよね。
ですが、掃除の度にチェーンを切るのも面倒なので、3か月くらい前にミッシングリンクを取り付けてみました。

気軽に外せるのでいいのですが、工具を使っても凄く固くて外れない時があります。
そのくせ手でいじっていると、ポロンと外れたりするんですよね。

で、ちょっと調べてみたら、両手でクネクネとやるからいけないようです。
コツは、片手の親指と人差し指でスライドさせればいいだけです。
やってみたら、簡単に外れました!(新品ではまだ試してません)

取付け方向についても、こちらのサイトで検証していただいてます。
Kinoの自転車日記
私の付け方は、反対ですね。
150227KMC001

また、安全性についても問題があると言われている様ですので、検索してみましたが色んな情報があってよく分りません。

交換は、3回くらいまでにしといた方がいいとか・・・何キロってのなら分るけど、取り外し時に通常の作業をすれば変形や摩耗する訳でもないのに、3回って根拠がわからんし(--;

逆に、初心者が正確にピン止めする方が難易度が高いってのも。

これ、いつ頃から販売されてるんですかね?検索すると2009年ころの記事は有ったので、最低でも6年くらいは経ってますよね。その間に重大な事故とか起きているんですかね?
なんか初期の不具合が、都市伝説的に危険って言われてる気もしないではないのですが。
ただ11s用は、薄くなった?ためなのか再利用不可になっています。この辺りの理由を知りたいところですね。
しかし、再利用不可でこの値段は、非常時のお守り程度にしか使えませんねぇ。

なるべく異物は入れずにピン止めしてしまうのがいいのでしょうが、この利便性は捨て難いです。

他に同じような商品を探したところ下の比較表に辿り着いて、いいなと思ったらもう買えませんでした(^^;
KMC ミッシングリンク、ウィッパーマン ConneXリンク 比較
(かなり古い記事です)。
ConneXリンクの方が耐久性も高て評価もいいようですが、テンションがかからない状態で回すと外れないんでしょうか?試しに買ってみようかと思いましたが、もう製造していないのか普通の値段では発見できませんでした。

取付けて2,000Km弱走ったと思うのですが、今のところ何も問題は無いので、そろそろ新品に交換して外す度にチェックをしながらこのまま暫く使い続けてみようと思います。


2 Comments

  1. 自分もミッシングリンク大好きですが、まだまだ検証が必要な部品なのかもしれませんね。
    先日イトウサイクルでチェーンを換えてもらってエストラーダはミッシングリンク無し仕様になったのでまた掃除にはぐるぐる洗浄機が活躍しそうです。

    リンクつけて回しながらボーッと見てるとなんだか違和感を感じる場所はやっぱりミッシングリンクの部分なんですよね。
    ま、外れる程度なら別につければいいだけだから問題ないけどギアの歯とか削られると困るので、また付けようかどうしようか悩み中です。

    • 確かに、異物って感じは有りますよね。
      でも、一度付けたら掃除のし易さに外せなくなりました(^^;
      ちょくちょくチェックしながら、もう少し使ってみようと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published.