腓腹筋の肉離れ

7日、小走りをした時に足が少し変な角度になって、右足膝の裏側にピシっという痛みが走り歩けなくなりました。

多分、ブルベで疲れていたところに変な動きが重なって、右足内側腓腹筋(ふくらはぎ)の肉離れをしてしまった様です。

次の日に、整形外科で診察。包帯で固定をして、湿布をもらって帰って来ました。
日にち薬ですね。

今日で1週間になりますが、まだ少し歩くときに膝を伸ばすと痛みがあります。
昨日、痛めてから初めて自転車に乗りましたが、踏み込まず回していれば痛みも無く、歩くよりはいいです。

あまり動かさないと固まってしまうと思い、少しずつ風呂で伸ばしていたのですが、どれくらいからリハビリを開始するのがいいのかを調べてみました。

「ゆっくり伸ばしていって、筋肉の伸びる感覚を痛みを伴わずに感じ取れるようになったら」と言うことなので、まだちと早かったようです。
痛みの有るうちに始めてしまうと、断裂部分を広げてしまうので、要注意!だそうです。

治療は、最初は何より冷やして固定、安静。炎症が治まってきたら、温熱治療へ。
リハビリが可能な状態になったら、ゆっくりのストレッチと同時に、筋力が落ちているので自重程度の筋トレから始めるのが良いそうです。

この部分の肉離れは、再発しやすいので常に筋トレと、ステレッチで柔軟にくしておく必要が有る様です。

医者でも、癖になりやすい部分なので気を付けてと言われましたが、走っている時に再発したらたまらないので、しっかりケアをしていきたいと思います。

また、筋肉細胞の修復を助けるグルタミンを摂ると、治りが早いかもという情報もありました。


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.