BRM103 近畿400km 高松 百騎夜行 introduction

走ってきましたぁ。
400は、やっぱり長いです。
眠さとの戦いもやってきます。

本編は、次の投稿になってます。

今回は、朝6時スタートです。
初の400でほぼ2日連続の徹夜は不安なので、前日に高松入りです。

が、2日の朝起きてみると家の回りが白い(--;
150103takamatu033

交通情報を聞いてみると、東名阪も新名神も通行止めです。

とりあえず、亀山まで下道で名阪国道に乗ることにして8時に出発。
今回、神戸まで一緒に行く予定だった娘は、予定変更で一人旅。

アクアに自転車積むとこんな感じ。
前輪外せば、2名乗車は可能です。
150103takamatu032

亀山に到着すると、1号線の路面も少し雪が残っています。
150103takamatu034

何と名阪国道も亀山~伊賀インターまで通行止めです。
これは困った。
25号旧道は自転車で何度か走っているので道はよく分っていますが、積雪は確実で普通タイヤでは厳しいです。

とりあえず、名阪国道が開通するのを関のコンビニで待つことに。
缶コーヒーを飲みながら、近くにいたトラックの運転手に
「何時くらいに開通しますかね?」と聞いてみると、
「100台くらいの車が立ち往生しとるらしいで、何時になるか分からへんでぇ」と言う返事が・・・(--;

これは前日に、娘が「Siriに「おみくじ」って言うてみ」と言うので、試したのが当たったか?
150103takamatu031

どうしようか迷いましたが、とりあえず25号旧道に入ってみることに。

案の定、日陰部分は積雪が残っていて、圧雪がアイスバーン状に。
冷や汗をかきながら、登り勾配では止まらないようにして走ります。
暫く走ると前方に車が増えてきて、ダート区間手前で全く動かなくなりました。
降りて見に行くと、狭い部分で対向車が詰まってしまっています。
なんで対向車を通さないと自分も進めないのに、広い部分でやり越す余裕を持てないんでしょうね(--;
周りの車を少しずつ詰めさせて、何とかクリアを繰り返します。
お前ら学習しろよ。
150103takamatu035150103takamatu037

11時を過ぎましたが三重県を脱出するのに、まだ暫く時間がかかりそうです。
2時のフェリーは確実に間に合わないので、電話を入れて帰りだけの予約に変更。

と、採石場を過ぎて最後の狭小部分のプチ峠で、なんと自転車で通り過ぎる若いツーリストらしき女性に遭遇( ゚Д゚)
これくらいで、DNSを考えてる場合じゃないなと元気をもらいました(^O^)/
150103takamatu038

ゆあんこさんの交通情報に助けられながら、なんとか伊賀インターに辿り着きました。
ここから先は、神戸辺りで少し渋滞しましたが順調に走って鳴門大橋へ。
海峡の風は凄いですね。車が、どんどん横に流れていきます。
150103takamatu043

バスのスリップでガソリン節約。
150103takamatu001

淡路島で休憩。いい天気です。
橋と兵庫側が綺麗ですね。
150103takamatu046

で、17時過ぎに高松No1ホテル(名前ですよ)に到着しました。
高松って、大きな町なんですね。
三重の県庁所在地とは、かなり違います(^^;
150103takamatu006

ホテルで夕飯を済ませて、露天風呂に入って1本だけ飲んで10時に消灯。

と、本番は次の投稿へ


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.