トンネルは怖い

BRM210高知400で、トンネル内で車に追突されるという事故が発生しました。
約180km地点、四万十川から潮岬へ向かうR321の結構長いトンネルだと思います。

追突した軽トラックを運転していたのは無免許で、その場から逃走していましたがほどなく逮捕されたようです。
追突された方は、重症を負われたようです。
一日も早く回復されるといいのですが。

ブルべは、反射ベストも着ていますし、400だと車両のテールライトだけではなくヘルメットの尾灯も点けられていたと思います。
これだけ装備していても、事故は起こります。

時々、トンネルを無灯で走ってくる車がありますが、そうなるとベストやリフレクター類は意味がないので、昼間でも明るいテールライトやヘルメットの尾灯は重要になってきます。
臆病な私は、点灯し忘れてトンネルに突入してそのまま冷や汗もので走ってしまう事が無いように、自動点灯のテールライトを予備に付けるようにしました。
トンネル内で追い越しをしてくる対向車も考えると、フロントライトも必須です。

どれだけ用心をしていても、免許も無しに運転する様な奴がいますから、完全に防ぐことはできませんが確率を減らすことはできると思います。
多少重くなっても、きちんと自分の身は自分で守る装備をして、一般道は走りましょう。

 

被害者の方がお亡くなりになられました。
心よりご冥福をお祈りするとともに、ご家族、同行されたお仲間、大会関係者の方のご心痛のほどお察しいたします。


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.